卒業生の声

志を胸に、未来を切り拓いた先輩たち。

勉強で、部活動で、学校行事で。
岡崎学園で出会い、芽生えた志を、3年間しっかりと育てた先輩たちは、
進学時も就職時も、常にそれを未来への架け橋にして成長しています。
彼らや彼女らの胸には、今も志が生き続けています。

大学生

  • 愛知教育大学 教育学部(スポーツ専攻・現スポーツ進学コース出身) 堀場 万由さん(名古屋市立冨士中学校出身)

    「文武両道」をしっかりと実現。勉強以外にも学ぶことが多い学園生活でした。

    岡崎学園のスポーツ専攻では、他の学校では学べないスポーツの専門知識を、先生が丁寧に指導してくださいました。それだけではなく、授業の中で競技と向き合うための時間がきちんと用意されているので、勉強以外にもたくさんのことを学べました。部活動でも、多くの仲間たちと一つの目標に向かって日々練習に取り組むので、密度の濃い、とても充実した生活を送ることができました。

    岡崎学園で過ごした3年間を経て、私には大きな目標ができました。それは、大学で教育について勉強して子どもたちに夢を与えられるような先生になること。大学でも岡崎学園で学んだことをしっかりと活かし、大好きなバレーを続けながら、高校と同じように充実した学園生活を送りたいと思います。

  • 名古屋大学大学院理学研究科(特進βコース・現特進コース 出身) 田中 大輝さん(岡崎市立常磐中学校出身)

    全力で勉強に集中することができる環境が、岡崎学園にはあります。

    在校当時を振り返ると、3年間ずっと勉強漬けでした。机にかじりつきながらがむしゃらに勉強に集中する毎日。自分のことながら、驚きです。今考えてみると、学習意欲の高い同級生の存在や、先生方の手厚いサポートのおかげだったと感じています。朝学や、授業後の補講、自習室など、勉強に励むことのできる環境が岡崎学園では用意されています。もちろん勉強だけでなく、学校行事も充実しています。合唱コンクールや体育祭では、リーダーとして自分から行動し、クラスのメンバーを統率した経験を経て、どんなことでも前向きに努力し、自分から行動する主体性も身につけることができました。また、先生方はとても親身になって相談に乗ってくださいます。私が進路について相談した際も、的確なアドバイスをしていただき、志望校へのモチベーションが大きく高まりました。現在は、名古屋大学で学んだ分子生物学を大学院でも続けて専攻し、顕微鏡を覗く日々です。今続けている研究を論文として形にできるよう、これからも努力を続けていきます。

社会人

  • 名古屋製酪(株)(特進αコース・現特進コース 出身) 赤﨑 大輝さん(岡崎市立岩津中学校出身)

    岡崎学園で大きな志を立て、小さな努力を積み重ねる大切さを学んだ。

    岡崎学園では、大きな目標に向けて、小さな努力を一つひとつ積み重ねていくことの重要性を学ぶことができました。例えば、3年間所属していた野球部での活動。仲間と共に毎日グラウンドで汗を流し、練習を積み重ねたことが試合での勝利という形で実を結んだ時の喜びは格別なもので、今でも忘れられない思い出です。また、進路を決定する際には、丁寧な先生方のサポートがあり安心して相談することができ、自分の目標が明確になりました。大学で得た学びを活かして、今は乳製品や果汁飲料の製造を行っている名古屋製酪で働いています。高校時代に学んだ、今何をするべきかを一つひとつ整理することや、常に時間を意識することなどが働く上でとても役立っています。それでも、同時に自分の未熟さを痛感することもよくあります。これからも努力の積み重ねを怠らず、自分を少しずつレベルアップさせていきます。そして、将来年齢を重ねて自分の過去を振り返った時、成長を実感できるような人間になりたいと思っています。

  • トヨタ自動車(株)(一般教養専攻・現ベーシック 進学コース出身) 阿部 瑞樹さん(岡崎市立葵中学校出身)

    たった一人じゃなく、先生がいたから。志が芽生え、目標に近づいた高校生活。

    学校生活を送る上で意識していたのは、メリハリをつけて日々を過ごすこと。陸上競技部に3年間所属し、毎日目標に向けて練習に取り組んでいました。もちろんスポーツだけでなく、勉強もきっちりとこなすようにしていました。また、進路指導の際には、担任の先生が丁寧に相談に乗ってくださったので、自分のしたいことをゆっくりと考えることができ心強かったです。私は、個別で相談に乗っていただいたことで「車を自分で作りたい」という目標が明確になりました。 今は、トヨタ自動車で車の品質管理を行う仕事をしています。例えば、事故が起きた時のシミュレーションをするために行う、衝突実験などです。交通事故という非常時に、お客様の命を守ることにつながるこの仕事には、充実感を持って取り組んでいます。これからも、お客様に安心・安全をお届けできるよう、全力で仕事に向き合っていきます。

  • 四季(株)(劇団四季)(普通進学コース・現ベーシック進学コース出身) 中山 理沙さん(岡崎市立甲山中学校出身)

    岡崎学園の学校行事で学んだこと。目標は、追い続ければ叶えられる。

    小学生の頃に鑑賞した劇団四季の「キャッツ」に大きな感銘を受けて以来ずっと、「いつか私もあの舞台に立つ!」という夢を追い続けてきました。必ず叶えると努力した結果、オーディションに合格し、今は舞台に立つことができています。劇団四季での仕事は、舞台を通してお客様に人生の感動や生きる喜びを感じていただくこと。しかし、お客様の側から見れば楽しい舞台も、演じる側は必死です。団員はとても厳しいレッスンを毎日こなさなければならないので、強い熱意がなければ続けることはできません。厳しい練習で辛いと感じることもあります。しかし、私は岡学で学校行事などの際にみんなをとりまとめ、全員でやりきることで感じた一体感や、頑張った先にしか見えないものがあることを知りました。その経験が今も自分の中に息づき、毎日幸せを感じながら劇団員をしています。これからも、一人でも多くの人を感動させながら、仕事を楽しんで生きていきたいと思っています。